FC2ブログ
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/03/27.Sun

避難所での健康と生活についての注意

避難所での健康と生活について

避難所での生活は、これまでの生活環境と異なりさまざまな不自由がある一方、周囲への気兼ねや遠慮から、我慢してしまいがちになります。さらに、災害による疲労やストレスが重なり、体調を崩しやすくなります。

特に、抵抗力が落ちている方や高齢の方は、次の点に注意して予防に心がけましょう。
また、体調が悪いときは我慢せず、避難所の世話係や保健スタッフに伝えてください。

*****

1 エコノミークラス症候群の予防
エコノミークラス症候群は、狭い場所で長時間足を動かさないと、血行不良が起こり、血液が固まりやすくなり、血の固まり(血栓)が、肺に詰まって肺塞栓などを起こします。車中泊をしている方も注意が必要です。

【予防のポイント】
1.ときどき足の運動や軽い体操・ストレッチを行いましょう
2.こまめに水分を取りましょう(カフェインの入った飲み物は控えめに)
3.眠るときは足を高めにして休んでください


2 誤嚥性(ごえんせい)肺炎の予防
誤嚥性肺炎は、歯みがきができない状況となり、口の中に残っている食べ物カスや細菌が、誤って気管から肺に入ることで起こります。抵抗力が落ちている方や高齢の方がかかる場合があります。

【予防のポイント】
1.食後は、お口や入れ歯を清潔にしましょう
2.歯ブラシがない場合は、こまめに「ぶくぶくうがい」をしましょう
3.食事のときは、座った状態の姿勢を心がけ、食後すぐに横にならないようにしましょう

3 食事について

古くなった食べ物は、食中毒の原因となります。食べ残しは捨てましょう。
また、膀胱炎や便秘を予防するために、水分を十分にとり、トイレを我慢しないようにしましょう。
次のような場合は、避難所の世話係や保健・医療スタッフに伝えてください。

1.下痢が続く
2.糖尿病、腎臓病などで食事制限がある
3.噛みにくい、飲み込みにくい


仙台市役所ホームページより
http://www.city.sendai.jp/report/2010/1197881_1412.html
スポンサーサイト
避難所編~ストレスを減らす工夫 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/25.Fri

機能別に空間を分ける

避難所の広さや避難されている方の人数、部屋数でそれぞれ違いがあるかとは思いますが、
いくらかでもスペースを機能別にに分けることで、ストレス軽減とメリハリがでてくるのではないでしょうか。

例えば、
・寝る、休む場所(子供との暮らしに慣れている方とそうでない方は適度な距離がお互いのためにいい)
・食事、談話
・子供達が自由に遊べる場所(心おきなく発散してもらいたい)
・相談室
・救護室
・風邪やインフルエンザの方用の休む場所
・女性専用の洗濯物干し場(衣類に記名)
・男女を分けた着替えスペース(例えば体育館ならステージの幕を利用する)
・授乳室(哺乳瓶消毒用器機あれば)
・おむつ替えスペース

世代や性別、今までの生活環境、いろんな違いのある方々がひとつの空間で暮らすのですから、機能別に適度な距離が保てれば、お互いのためにいいのではないでしょうか。

避難所編~ストレスを減らす工夫 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/21.Mon

プライバシー確保

長い間の避難所生活、時間がたつと共に精神的に疲れが出てくると思います。支援物資で送られてくるダンボールを使い仕切りをつくる。

また体育館を避難所としている場合はネットを利用し、ハンガーに洗濯物等を掛け目隠しとする方法。
(情報提供:横手市 設計)
避難所編~ストレスを減らす工夫 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。