FC2ブログ
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/04/17.Sun

床下の泥の撤去について

浸水があり、建物の基礎まわりにある換気口から大量の水や泥が床下に入ってしまった場合の対処方法です。
浸水の量がごく微量であれば問題ありません。

ただし、汚水が入っている場合、病原菌やカビ、悪臭が発生する原因となってしまいますので、建物を使い続けたい場合は、床下の土砂は除去し、清掃、消毒、乾燥させることが必要です

◆どこから入るか?(点検する)
家の中から床下を点検・泥の除去作業をするには、
(1)床を部分的に外す(畳をあげる)   または、
(2)床下点検口から床下にもぐる

ことになります。

↓床下の点検口(たいていは洗面所か台所にあります。)



 ※和室の畳の下が荒板敷きでない場合(合板等)は、下地の床材を外す作業は大工さん等慣れた人に依頼してください。

◆どうやって泥を出す?
和室などで、畳(および荒板)が外せる部屋なら掃除もしやすいのですが、それ以外の場合は、床下を這うように移動して、泥の撤去作業を行います。チリとりや子供用ソリ、大型のバット(器)等を使用し、少しずつ外に搬出します。床下換気口が外せる場合は、チリ取りなどでここから泥を出すことも可能です。
 ※床下空間は高さが低く、暗くて動きづらいです。二次災害やケガを防ぐために、作業は必ず二人以上で(一人は監視役)行ってください


◆作業中はかなり泥まみれになります。また、土砂の中にガラスの破片など危険物もありますので、作業は慎重に行いましょう。

◆清掃後、床下に散布する消毒薬は、保健所等が配布準備をしていますので、問い合わせてください。

◆カビ防止のため、床下が乾燥するまで、換気口や畳はあげたままにしておいてください。
スポンサーサイト
◆家の片づけ編 | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。