FC2ブログ
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/04/17.Sun

り災証明書発行に関するよくある質問集(2)

Q1.罹災調査がまだ終わっていないが、危ないので一部解体や補強をしたいのだが、問題はないか?

A1.罹災調査が行われ、全壊、半壊等の認定がされますが、その前に撤去、解体、修理をすると被害状況が判らないということで、実際より低い認定になってしまい、支援制度での補助額や義援金を受け取る額が減額される事がります。
もし、やむを得ず補強・解体等を行う場合は、被災後の状況をしっかり記録しておいてください。(写真、デジカメ、携帯(高画質))。建物を東西南北の4方向から撮影してください。
なお証拠写真は、後日、民間の保険金を申請する場合にも必要です。手元にデジカメ等がない方は、使い捨てカメラをコンビニなどで買っておき、後日写真にしましょう。(救援物資としてボランティアセンターに使い捨てカメラが届いている場合があります。)
破損した部分のみではなく、家や部屋の全体がわかるような写真も必要です。可能ならば撮影・相談は建築士にお願いするとよいでしょう。


Q2.罹災調査をやってもらったが、被害の実態と結果が合っていないと思う。不服なので、罹災判定調査をやり直してほしい。

A2.罹災調査が行われ、受けた認定結果について不服がある場合、不服申し立てをすることができます。ただし、その場合、被災者からの訴えの内容が精査されること、別の場所で初回調査が行われている場合そちらが優先されることから、再調査までは時間がかかる場合があります。
 
その場合は、まずは細かく浸水、破損の様子を撮影しておきましょう。土砂・家財を掃除した後で、認定された損傷と比較し疑問があれば不服申し立てするのがよいでしょう。







スポンサーサイト
◆罹災証明/応急危険度判定 | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。