FC2ブログ
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/03/21.Mon

仕切りを作る

避難所での生活が長くなると、プライバシーが守られないことによりかなりのストレスを感じることになることは、阪神大震災の教訓にも残されています。

避難所では子どもや若い母親、高齢者などいろいろな人が空間を共有しますが、過去の教訓から避難所には機能別のスペースを設けることで、多くの人のストレスが減ることが明らかになっています。

いくつかに分けてご紹介します。


(1)「低い仕切りをなるべく作る。」

知らない人がずっと側にいる、誰かに見られていると感じるストレスを軽減するために、以下のようなもので低い(高さ70~110cm程度)仕切りを作ります。

設置場所:横になった場合の頭上や頭の周囲を優先に置く。

備考:「人目が気になり使いづらい」という人もいるようですが、周りの多くの人が使いだせば気にならずに使えるようです。避難所のどこかに、「ご自由にお使いください」と書いていくつか置いておくか、どなたかに仕切り(手作り)を作るのを協力してもらって量産できるとよいでしょう。

例1/卓球のL字の仕切り
例2/段ボールで作った仕切り(救援物資の入っていた段ボールで手作り間仕切を。)




例3/卓球の台(※強い余震が想定される場所では、休んでいる人の側には置かないこと。)
スポンサーサイト
◆避難所編~ストレスを減らす場所づくり | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。